留学の期間は人それぞれことなっているでしょうねが、たったの1週間という短い期間でも十分にできるはずです。しかし留学の目的に応じては一週間の留学では何もならない可能性もあると言えます。学校の状況によってはも留学期間と言うものは違っています。短期留学と呼ばれる留学の場合には、語学留学は自分で留学の期間が選択出来ますが、学生ビザを取れば、延長もできるでしょう。自分が如何に英語を身につけたいのかというところもにもよりますが、だいたいの期間を決めておいて、後は、現地でどれくらい留学をするのか決めるというのもいいのではないでしょうかね。 留学の期間によっては英語力というものは違いが出てきます。たとえば、1か月であればどうしても英語力は身に付くと言える状況ではありません。だいたい3か月ほど留学をして、ようやく英語力が身に付くといってもいいのかもしれません。しかしそれが活かせる英語かどうかはまた別の問題であり、英語力を活かそうと思うようにすれば、さらに3か月以上は留学をする方がいいですよ。英語力を定着させて、スラスラと使いたいと考えている方は、最低でも1年間は英語を勉強する事が大切なんですね。 英語力をどれだけ身につけたいのか、留学の目標に応じて、留学の期間というのはかえるといいかも知れません。英語力をちゃんと身につけたいと考えている方ともなれば、最低でも1年間以上は、留学をするのが望ましいとされていますので、その期間についてはある程度めどにしておくと良いでしょうー