複数の「カードローン」は「おまとめローン」に借り換えを

コンビニなどのATMから借入れできる「カードローン」が注目されています。
そのため、借入を繰り返すだけでなく、複数の借入れ先をつくってしまうかもしれません。
このような状態、いわゆる多重債務になると、月々の返済額を正確に把握することが困難になります。
それ以前に、借入れ先ごとの返済日の管理も大変ではないでしょうか。
借入先のなかには、「返済日が同じ」というところも含まれているかもしれません。
しかし、返済方法は個々によって異なることも考えられます。
それぞれに資金を用意するほか、振込やATMからの返済が必要なところは、自分で返済をすることになります。
いずれにしても、借入れ先が多くなればなるほど、返済にともなう手間は大きくなるのではないでしょうか。

そのような状態が毎月のように繰り返されると、生活面にも大きな支障がでてきます。
特に、借入れ返済日が月末になる場合は、公共料金などの引落しとの兼ね合いを意識することにもなります。
もちろん、引落しに必要な資金準備を欠かすことができませんね。
このように面倒な想いをしなくてもよいためには、「おまとめローン」に借り換えることも考えましょう。
おまとめローンを利用することで、返済日が1日で済むのです。
そのため、返済日の管理が楽になるだけでなく、どれだけの資金が必要なのかも把握しやすくなります。

おまとめローンに借り換えるときは、金利が安いところを探すことがポイントです。
やはり、借り換えるなら返済額が少なくできることを意識しますよね。
もちろん、借入れ残高そのものは変わりませんが、利息が安くなることで返済総額を減らすことにもつながります。
ただし、返済期間を長く設定した場合は、必ずしもお得とは言い切れないのです。
おまとめローンに申し込むときは、月々の返済額を少なくする方法もあります。
そうすることで、家計への圧迫が軽減されるメリットにもつながるでしょう。
また、日々の生活を優先したい場合は、完済までの期間が長引いても仕方ないかもしれませんね。

おまとめローンを利用するときは、もともと金利が安い借入れは、まとめる対象から省くことが望ましいです。
完済が近い借入れがある場合は、繰り上げ返済をしてから、おまとめローンの申し込みをしたほうが審査に通りやすくなるようです。
どのような方法が最善なのかは個々にもよるため、一概にはいえません。
おまとめローンの金利などを参考にしながら、自分にあった方法を選ぶことが大切です。
なお、おまとめローンは返済専用の借入れです。
おまとめローンに借り換えた後は、これまでの借入れの返済に専念しましょう。
また、これまでの借入れ先に完済するだけでなく、解約手続きを行うこともお忘れなく!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>